漢方薬を利用したダイエット

漢方薬を利用したダイエット

昨今では西洋薬の限界がささやかれ、漢方薬が注目を集めています。漢方薬は、二つ以上の自然にある生薬を組み合わせて作られています。そのため、一つの処方で様々な症状に対応できます。また、二つ以上の生薬を組み合わせることで効果の増幅や副作用の緩和が図られています。体が本来持っている自然治癒力を高め、バランスを整えることで治すもので、副作用が少なく体の内側から治すことを目的としています。西洋薬は単一の成分を抜き出し、化学合成により人工的に作られているため、部分的に強い薬効が期待される分、強く効きすぎてしまい思わぬ副作用が出てしまうことがあります。西洋薬に比べて体に優しい漢方薬ですが、ダイエットにも活用することができます。漢方薬は特効薬ではありませんが、服用することによって、食事中の脂肪の吸収を抑えたり、脂肪の代謝を促進することによって効果的に脂肪を減らすことができます。飲むだけで効果が得られることもあります。

ダイエットに漢方を利用する際に気をつけなければいけないことは、自分のタイプに合ったものを服用することです。もし、体に合ったものでなければいつまでたっても効果が期待できず、薬代がかかるだけということになることがあります。例えば、りんご型と洋なし型に分けたときです。りんご型は摂取カロリーが多い人にみられます。暴飲暴食などで食べ物を消化吸収するスピードが追いつかなくなってしまい代謝異常となってしまうパターンです。そのため、余分なものが体に残ってしまい、体内に熱がこもりやすく便秘などの症状が出てきます。その場合は便のつまりをよくし、余分な水分を排出するため発汗を促したり、血液循環をよくする生薬を混ぜたものが有効です。洋なし型は体に余分な水分を貯めてしまうため、むくみやすかったり手足が冷えやすいといった症状が出ます。その場合は水のめぐりをよくしたり、下半身のむくみ、冷えに対応できる生薬で作られた漢方薬を服用します。

続きを読む(漢方薬を利用したダイエット(2))

その他の西洋薬に頼らないダイエット(他サイトへのリンクです)

漢方薬以外にも、昔ながらの青汁や、最近流行の酵素のような、西洋薬ではなく、自然の原料でつくられたものを使用するダイエットがあります。これらは薬ではなく健康食品ですので、手軽に始めることができます。リンク先はそれぞれの比較サイトになっていますので、興味のある方はご覧ください。